2015年09月27日

絶対負けない。

昨年まで叔父の会社に勤めていた。

勤めるきっかけは会社が立ち行かなくなり

従業員が辞めたための手伝い。

入った当初は従業員から叔父親子の最低な行いを

たくさん聞いた。

しょっちゅう金の取り立ての電話やら訪問やらあった。

確かに、叔父の性悪にその頃から気づいていた。

でも気にせずに一年で会社を立て直し黒字にした。

月日が流れて性悪な叔父新しい事業に手をだし

屋台骨までボロボロにし、莫大な借金を作った。

なんだかんだと私の給与を払わなくなった。

叔父になぜ会社が傾いたのかをそのまま話したら会社を追い出された。

そして後で払うと言った未払金250万円をいまだに意図的に払わない。

性悪だから計画的だったのは気づいていた。

だから、その点を問いただしたら追い出された。

ここが大事なのだが、親戚だからといって許して良いものか。

今年娘が進学であるがお金がまったくない。

そう、進学に貯めてたお金を未払いにあててしまったのだ。

つくづく馬鹿だと自分が嫌になる。でも限界だった。

毎日なぜ叔父親子がそんなにも性悪なのか考える。

性悪だから何を期待してもお金は返ってこないだろう。

だって被害にあったのは私だけではない。

叔父を信じた友達、取引会社、銀行すべてを裏切り、

のうのうと会社を経営している。なぜ続けられるのか?

子供の頃に悪いことをしたら必ずバチが当たると教わった。

でも叔父親子はみんなが困っているのに

説明もなくあたりまえのように借りた金を踏み倒す。

正直そんな奴らのことを考えるのも胸くそ悪い。

とっとと金を返してもらい縁を一生涯切りたい。

今少しでも自分たちの力でこの窮地を乗り切るために

娘を幸せにするために一生懸命働いている。

それでも足りないのでさらに働くことを模索している。

普通なら十分な収入だ。

昨年性悪叔父から会社を追い出され

金も払ってもらえず、借金を抱えてしまった。

でも、絶対負けない。

正直に生きれば神様がきっと助けてくれる。

死んだ父も母も、そしてご先祖さまも守ってくれている。

人間はまっとうに生きていかなければいけない。

絶対負けない。

一日も早く叔父親子は改心してお金をみんなに返して欲しい。

神様、人間はまっとうに生きなければ必ず天罰が当たりますよね。



タグ:性悪 

 

posted by 茶々 at 09:28 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック