2015年11月08日

モンドールに恋して〜一番好きなチーズだと思うのです

今年の初夏くらいだったかな。娘とふたりでデパートの食品売り場を見て回ろうということになった。初めて行ったその場所はワンダーランド。するといきなりおねえさんに呼び止められた。「季節限定で今日までなんですが味見しませんか?」「もちろん♡」娘も私もチーズ大好きなんです。小さめにカットされたフランスパンに見た目カマンベール見たいと思った瞬間、とろ〜としたチーズをパンにのせて渡された。口に入れてみた。え!なに!これ!おいしいーーー!娘を見ると娘も目がハート。でも、次の瞬間「ママ、他も見てからにしようよ」と腕を引っ張って行かれた。その場所からちょっと離れたところで娘が「ママ、私が引っ張っていかなかったら買ってたよね。チョーーーー美味しかったもん。でもね、値段見た。ちょっとお高めだったよ。全部食べられなかったらもったいないしね。でも迷ったんだー美味しかったから。だから、いろいろ回ってから検討しよう」なんてしっかりものの娘なんでしょう。結局その日は買わずに帰りました。山羊のカマンベールは美味しいけど結構匂いがキツイのが多い。でもモンドールはミルクの香りと味わいが濃くてとても美味しんです。それ以来私も娘もモンドールに恋してしまいました。

秋から冬へそして春、幻のチーズとも言われるモンドールの季節がやってきました。とろけるようなクリーミイな舌触り、とってもまろやかな木の実のコクや果物を思わせる味わいは、フランスの朝の空気が稟と冴え渡る秋から3月の間だけコンテの職人によって作られます。モンドールとは【黄金の山】モン・ドール山にちなんでつけられました。モンドールの季節がすぎて暖かくなると、コンテチーズを作るために、職人たちは、また山へ帰り8月15日位までまで、コンテつくりに励みます。1981年AOC取得。9月10日から翌年4月10日まで販売される季節のチーズです。




 

posted by 茶々 at 02:12 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月08日

サワーブレッドがやみつきに

20歳の頃友達とサンフランシスコに行った。

そこで出会ったのがサワーブレッド。

あまりにも大好きになりすぎて

直径30センチ強の円形のサワーブレッドを

かかえて日本に帰った。

先週末、大好きな橋本のナナフクで

マグロとアボガドのタルタルをオーダーした。

付け添えのパンがめちゃおいしくて。

さらにニョッキを頼んだらソースがおいしくて、

パンをつけて食べたくなった。

パンだけ注文!

とっても酸味がきいた美味しいパン。

ちょうどお店の方と話していたら、

なんと

チクテベーカリーさんのパンだと判明。

美味しいはずだよね。

チクテベーカリーさんのパンはドイツ系。

なかなか日本でサンフランシスコ系のサワーブレッドが手にはいらないから。

比較的入手しやすいドイツ系のサワーブレッドを購入する。

サワーブレッドを求めて鶴見まで行ったこともある。

結局現在は焼いてませんってことだった。

そこでネットでさがせばいいじゃんとみつけたのが

アンゼルセンのひろしまサワーブレッド

お取り寄せできるのがうれしいね!

「アンデルセンのオリジナル酵母と日本酒の製造の際つくられる「生もと」から取り出した乳酸菌を用いたサワー種が醸し出す、独特の風味と酸味が特長です。」

酸味のきいたパンがくせになるんだよね。






 

posted by 茶々 at 02:55 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月07日

栗きんとん

社会人になって美味しいものを食べる機会がグーンと増えた。

お菓子についていえば出張やお客様からのおみやげがダントツ。

昨日も京都の辻利クッキー、北海道の白い恋人クッキーをいただいた。

デスクにいながらにして全国各地や海外のお菓子をいただける。

ほんと、幸せ〜♡

中にはもっと食べた〜いというお菓子にも巡り会える。

今やインターネットがあるのでどこに売っているか瞬時に分かるはあたりまえ。

しかしインターネットがなかった頃はとにかく情報収集。

デパ地下の物産展とかにアンテナを張り巡らした。

そんな古きゆかしき時代にほれこんだのが栗きんとん。

【栗きんとん・栗菓子の恵那川上屋オンラインショップ】


毎年この時期になるととても食べたくなる。

実は栗の甘露煮や芋きんとんに入っている栗の甘さはとても苦手だった。

唯一実家の庭で取れた栗を母が煮てくれたものだけは好きだった。

でも栗って渋皮をむくのがとてもたいへんなのよね。

はじめて栗きんとんをいただいたとき、

白い紙に包まれて、

開くと上品にクリの形にキレイにしぼられていて、

ひとくち食べるとそれはそれは

ほっこりとした甘みがおいしくて

すっかりココロを奪われてしまいました。

この時期、ほどよい熱さの濃いお茶でいただきたいお菓子。

しかし都会のデパートや物産展に行かなくても手に入るネットのお取り寄せ。

ほんと良い世の中になった、うん。




 

posted by 茶々 at 07:20 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする